鬼滅の刃 遊郭編

【鬼滅の刃 遊郭編】Amazonプライムで見終わった

「鬼滅の刃 遊郭編」、最近テレビでやっていたのだが、テレビは見ていなかったので、Amazonプライムで最終回まで見てみた。

やっぱり面白い。

この歳になっても、面白いものは面白い。

鬼滅の刃は、人気が出るだけのことはあるアニメである。

絵ももちろんいいが、ストーリー、ストーリーの展開もいい。

でも、このアニメは、子供向けではない。少し描写がエグイところも多い。

だから、テレビでも放送は深夜帯に近いところでやっていたのだろう。

進撃の巨人もそうだが、この頃のアニメは、子供向けというより、大人向け、という感じのものが多いように思う。

その点では、まだ昔のアニメの方が、本当に子供向けだった。

あの宇宙戦艦ヤマトや、銀河鉄道999も、子供が見ても、何の違和感もないものだった。

明日のジョーだって、ボクシング漫画とは言え、子供が見ても全く問題ないような漫画だった。

まぁ、それがいいのかどうかは別にして、鬼滅の刃は、面白い。

一応、漫画のコミックシリーズも一通り購入してあるが、まだ見ていない。

アニメシリーズが終わったところから、見ていこうと思っている。

エヴァンゲリオンもそうだったが、最初にアニメを見てから漫画を見た方が、イメージがつかみやすいように思うから。

最初に漫画を見てしまうと、自分の中でそのキャラクターのイメージが出来てしまい、アニメに違和感を感じてしまうこともあるような気がする。

昔のアニメは悪者は悪者、でも今のアニメは悪者も元は普通の人間で悪者になったストーリーがある

イメージとしては、昔のアニメは、善と悪がはっきりとしていたように思う。

正義の味方、悪の使者、というように。

でも、最近のアニメは、悪者も、もとは普通の人間で悪者になってしまったそれなりの理由、ストーリーが語られるようになっている。

鬼滅の刃もそうだ。

鬼滅の刃での悪者は鬼だが、鬼も、もとは普通の人間だった。

でも、鬼として残った元人間は、なぜ鬼になったのか、そのストーリーも語られている。

今回の鬼滅の刃遊郭編でもそうだ。

人間社会の不条理によって、鬼として生きるようになった、つまり鬼は人間が生み出したものだということだ。

進撃の巨人もそうだ。

巨人となったのは、もとは普通の人間だった。

それが、人間同士の争いによって、巨人とされて人間を食べるような存在になってしまったのだ。

進むにつれて、そんなストーリーもわかってくるので、余計に面白く、引き込まれていくのかもしれない。

今回の鬼滅の刃遊郭編でも、最後に上弦の鬼を倒した竈門炭治郎が、その鬼に対しても慈しみの心をもって終わっている。

そこがまた、鬼滅の刃の良いところなのだ。

そういう意味では、進撃の巨人はどうであろうか。

これもAmazonプライムで見ているが、まだ最後まで見ていない。

最初の方は、わかりやすいストーリーだったが、進むにつれて、だんだん難解になってくる。

今僕が見ているところは、エレンが、パラディ―島以外の人間を巨人によって駆逐しようとしている、というところだ。

進撃の巨人もいつの間にか、わかりずらい精神世界に入ってきてしまった。

エヴァンゲリオンは、最初から難解だったが、進撃の巨人は、最初はシンプルに面白かったが、だんだん難解になってきて少し戸惑っている。

でも、面白い。

昔のアニメも面白かったが、今のアニメはより深みのあるストーリー展開だったりして、面白い。

やっぱりアニメは心のサプリメントだ。それは間違いない。いくつになっても、心の刺激になってくれるだろう。