介護職

【介護職への転職】介護職は誰でもなれる?

現在、日本は高齢化社会となり、ますますその傾向は強くなっています。つまりそれは、介護という仕事が、ますます大切な職業になっていく、ということでもあるでしょう。

そして、その介護の仕事がしたい、という人も少なからずいるのでないでしょうか。

実際に介護を経験した人にも、同じうような経験をしている人の役に立ちたい、という思いから介護職に就く人もいるでしょう。

実際に介護の仕事にはいろいろとあり、その仕事をするには、資格が必要です。

そして、経験を積んだうえで、いろいろな介護の仕事に就けるようになるのです。

介護の資格には次のようなものがあります。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • 認定介護福祉士
  • ケアマネージャー(介護支援専門員)
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 介護予防指導員
  • 福祉用具専門相談員
  • レクリエーション介護士
  • 認知症介護士
  • 介護事務

介護に関する知識もないし経験もない、そんな人でも、やる気さえあれば介護職に就くことは出来ます。

まずは、上のリストの一番上の介護職員初任者研修、というところからがスタートとなるのです。

それ以降は、それなりの経験が必要だけど、介護初任者研修は誰でも受けられるのです。

この研修では、食事、着替え、入浴など、介護が必要な高齢者や障碍者をサポートするための基礎となる専門的な知識や技術を習得することができます。

そして、それを受けるにはその養成校での講座を受け終了し、修了試験に合格することで、修了証明書がこうすされるので、そこで資格取得となります。

これが介護の仕事をするための第一歩となるでしょう。

介護の資格もない、未経験の人は、まずここからスタートです。でも、これは誰でも出来ることなんです。

だから、介護の仕事をしようと思ったら、このスタート地点から始めることで、誰でも出来るのです。もちろん、しっかりと修了証書を取ることが前提ですが。

介護職への転職は誰でもできる。でも続くかどうかは本人次第

介護職へ転職しようと思えば、少し頑張れば、誰でもできるのです。

そして、介護職員をもっと必要としている介護施設はたくさんあるでしょう。

でも、一般的に介護職は、仕事の大変さに比べて、給料が安い、などということも言われています。

だから、単純にお金目的だけで出来る志戸子ではないでしょう。

ただし、この点については、今後より改善されていくとは思いますが。

いずれにしても、介護という仕事は、簡単なものではありません。

別の記事でも書きましたが、僕の母親が通っているデイケア―サービス施設は、年中無休、庶月も普通にやっています。

そこの責任者の方は、ほぼ1年休みなしに近い状態で働いているようです。

ただ、一般の介護職は、交代で休みはあるので、休みはしっかりと取れると思いますので、そんなに心配しなくてもよいかと思います。

介護職は、その仕事自体が大変な場合が多いと思うのです。

介護が必要な高齢者や障碍者の、食事、入浴などの支援はもちろん、下の世話をしなければいけないこともあるでしょう。

だから、それなりに介護ということに対するモチベーションが必要な仕事であることは間違いありません。

介護職へ転職したけど、すぐに辞めてしまう、という人も少なくないようです。

でも、いったん覚悟を決めて仕事をすれば、とてもやりがいのある仕事なのかもしれません。

実際、介護職の社会への貢献度はとても高いと思います。

介護職への転職、トライしてみてはどうですか?

社会、それも社会の弱者にしっかりと貢献できる、それが介護職です。

だから、少しでもそれに対しての意義を感じたり、モチベーションがある人は、ぜひ介護職への転職を検討してほしいと思います。

今後、高齢者はますます増えていきます。

寿命も延びていきます。

でも、寿命よりも早く、健康寿命が来てしまう人も増えてくるでしょう。

今、仕事が見つからない、という人も少なくないと思います。

この新型コロナ騒ぎですから。

安易な気持ちでは、介護職は務まりません。

でも、少しのモチベーションがあれば、実際にやると、よりそのモチベーションが強くなってくる人もいると思います。

そういう人が増えれば、より安心した社会になっていくと思います。

自分も、介護される側の年齢に近づいています。

できれば、介護されないように、健康寿命を実際の寿命に近づけたいと思ってはいます。

でも、この先どうなるかわかりません。

日本の介護職が、いろいろな意味での環境、技術はもちろん、給料などもより高いレベルとなり、もっと多くの人が介護職への転職を希望できるような社会になってほしいと思います。